キャブレター、プラグ、フィルター

2015年11月22日

前回、ブツがなかったガソリンホース
(ヒューエルホースと言うらしい)と
負圧ホース(同じくバキュームホース)を交換することに。

未だ完全に前のフィーリングに戻った感じではないので
怪しいとこはできるだけやっつけときたい。



IMG_5866
負圧ホースは
純正品だと到着に時間がかかるので
今回はバイクショップで購入。

店員さん曰く、タンク〜キャブ感の負圧くらいなら
専用じゃなくてヒューエルホースで大丈夫ですとのこと。
内径に注意。



IMG_5868
クランプもついているから
純正品よりいいかも。



IMG_5865
これが純正のを二次エアキャンセルの際に
取手でつなげたやつ。
もうゴムが固くなっている。



IMG_5867
大体長さを見計らって
ニッパーでカッツ!



IMG_5870

次にガソリンホース。
これは以前に純正品を買っていた。
最初は直線だねえ。



IMG_5871
クランプも純正品。
今度からバイクショップのクランプを買おう。



IMG_5869
新しいホースをエイ!
と差し込む。



IMG_5872
二本とも差し込み完了!



IMG_5873
キャブに取り付け完了!



うん、吹け上がりがよくなったような気がする。
ちまちまとだけど、こういうゴムパーツやらは
交換してあげないといけないね。



250TRidertatti4 at 23:28│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月20日

エンジンカバー取り外し後に感じていたパワー(トルク)不足感。
先日、一時少し良くなった日があった。
その日何をいじったのかを辿ってみると・・・


そういえばスロージェットを少し上げたけど
アイドリングが安定しないからすぐに戻したんだった。


いろいろ調べてみると、スロージェットは実はトルク感にも
影響しているらしい。
さらに、点火プラグがきつね色に焼けるのは2stのエンジンで、
4stは白いままだとか。


それでいけばエア吸いじゃなくて
ほんとただのセッティングの問題なのかも。



早速、スロージェットを40にして
メインを140のまま、パイロットスクリュを2.7くらい戻しにしてみると


いい感じにトルクが出てきた。
まだ5速の4〜5千回転付近でパワーが欲しいな。


次にスロージェットを45にして
メインを145にしてパイロットスクリュを1.5戻しにしてみると


アイドリング中に止まる。
スローを40にしてみる。


メインが濃いおかげで中速でもスピード出るけど
爽快なふけ上がりではない。


最終的にスロー40、メイン140、PS2回転戻し。
テストコースへ出かけるぜー



IMG_5775
5速の例のところはイマイチだけど
以前に随分近づいたような気がする。


なぜカバー交換後に濃い目の調整が必要になったのかは
正直よく分からないし、
記憶違いかもしれない。



IMG_5776
まあよしとしよう。



IMG_5778
田舎にTR。


おしまい。







250TRidertatti4 at 00:33│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月19日

IMG_5675
続きまして、コックを分解。
ここは初めてやるけど固着していなかった。
結構綺麗だね。



IMG_5676
問答無用にキャブクリーナーを吹きかける。
バネやらヒラヒラしてのがあるね。



IMG_5700
Oリングは新品へ交換。
ヒラヒラしたのはそのまま使用してみる。



IMG_5702
ここのパッキンも新品へ交換。
タンクにもパッキンの跡があったので爪で削ってカスをとる。


ガソリンホースと負圧ホースも新品に換えようと思っていたけど
品番を間違えてドレンホースを買ってしまい今回はあきらめた。


コックを取り付けて数日後、
ネジの締め付けを片方忘れてて、コックからガソリンが漏れていた。
歳をとると色々忘れるね。





250TRidertatti4 at 23:24│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
いろいろセッティングに迷走しながらも
随所をオーバーホールしていく
ポジティブ志向のメンテナンス。

今日はガソリンコックが詰まっていないかの確認。


IMG_5668
まずはガソリンのホースをキャブから外して



IMG_5669
持っていた携行缶へ注入。
タンクのキャップを開けると注入も早いぜ〜
5L缶だったので入りきらない分は自家用車へ注入。



IMG_5670
タンクキャップの空気穴が詰まることもあるんだとか。
取り外してキャブクリーナーでシュワワワワー



IMG_5671
汚いね〜
ここもブシュワワワワーといきたいけど
タンクに入るといけないから布でフキフキ。



IMG_5672
シートを外してタンクも外す。
久しぶりに見るタンクの裏側。
タンク外すの面倒に感じるけど、意外に簡単。



IMG_5673
このガソリンコックをチェックしてみよう。
何年か振りに外すね。


IMG_5674
意外にも簡単に外せた。
固着していなくてよかった。


つづく

250TRidertatti4 at 23:14│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月13日

今日はエア吸いの確認。
TRさんアドバイスありがとうございます。


さて、エア吸いって何だと
色々調べてみると、
キャブとエンジンを繋ぐインシュレーターや
その他色々な箇所で隙間ができると
そこから空気を吸い込んでしまい
混合気が薄くなるんだとか。


それ故プラグも白いままらしい。
それまさにそれジャン。
最悪の結果、焼きついてしまうらしい。



急遽浮上した真犯人的な二次エアー。
圧縮漏れのことばかり気になっていたけど
実はその線があったとは。


エア吸いの確認は
アイドリング中にパーツクリーナーを吹きかける。

回転数が落ちるようだと
ゴムの劣化等で隙間ができてエアを吸っているか、
吹きかけかたによってはエア吸いでなくても
落ちてしまうらしい。




IMG_5611
まずはインシュレーター。
・・・異常なし!

ちなみにキャブとホースの継ぎ目も異常なし。




IMG_5612
次にフィルターのつなぎ目。
・・・エンジンストップ。
ここは例の吹きかけ方云々のような気がする。
一応バンドの位置と締め具合を再調整してガッチリ。




IMG_5614
キャブの上蓋。
・・・エンスト!でもこれも吹きかけ方云々で異常なさそう。
一応ネジの締め具合をギュギュっと調整。




IMG_5615
キャブの下側。
・・・エンスト。ここも云々っぽいが、
パッキンを新調しようかな。




IMG_5616
オイルキャップ。
・・・回転数が下がったので蓋をしっかりしめる。
その後は下がらなくなった。




IMG_5617
クランクケースの合わせ面に傷を入れてしまったところ。
・・・結構吹きかけると少し回転数がおちる。
怪しい〜




IMG_5618
見た目は悪いが、
とりあえずガスケットを塗ってみる。
効果は分からん。




IMG_5621
MJ145、SJ40、エアスクリュー2回転戻し、
ジェットニードルクリップ2段目で
しばらく走った後・・・



プラグが白いし、カーボンものっていない。
結構濃いかなと思ったんだけど。


エア吸いってことであれば
色々つじつまがあうからもう少し調べたり、
場合によってはもう一度エンジンカバーを空けようかな。

あとはタンクのホースを今度綺麗にしてみようっと。

250TRidertatti4 at 23:56│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月06日

純正キャブ(CVK)とパワーフィルターの
組み合わせで一番いいセッティングを探さねば。

ちなみにエストの純正エキパイと
大和ステンレスキャブトンの中音。


○MJ140、SJ38、パイロットスクリュー3回転戻し
ジェットニードルクリップ3段目
プラグはNGKへ交換


こういうページを見ながら
試行錯誤してみる。

メインジェットを上げたことで
7千回転以上は伸びが
力強くなった気がする。
でも中間部分がスカスカ



○ジェットニードルのクリップを4段目に変更。
パイロットスクリューを2回転戻しに変更。


なんか低音でパラパラと下品な音になりながらも
全体的に伸びが出てきたが、
いい燃焼ではなくただの濃い目であるという感覚は
素人でも分かるような気がする。

アイドリングや低速は安定している。



○ジェットニードルを2段目にして
スロージェットを40へ。


いい感じにレーシーな音になってきた。
相変わらず中間はスカスカ。
もはやこれは負圧式の純正キャブとパワーフィルターの
限界なんだろう。


自分の感じているパワー不足も
単なるパワーフィルター交換によるものではと
自信がなくなってくる。

純正のエアクリーナーからパワーフィルターへ交換した際の
トルクの消失がどのくらいだったかを
はっきり思い出すことができない。


とりあえずプラグをみると中心が白いので
まだMJ上げられるかなと思えてきた。
次は145を試してみようっと。

250TRidertatti4 at 23:37│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
分解もしたところで洗浄に突入。



IMG_5590
ジャン!




惜しげもなく縦横無尽にクリーナーを吹き付ける。
これがまあ汚れが取れること取れること。
楽しくてクリーナーを使いすぎてしまう。




IMG_5592
しばし放置。
勢いでダイヤグラムやパッキンにも吹きかけてしまい、
ダイヤグラムは一時いびつな形になりそうだったが
乾いたら元のフニャフニャに戻った。

一瞬焦ったが、なんとか使えそうだ。



IMG_5580
洗浄前のメインジェット。




IMG_5593
洗浄後は穴がくっきり見えるようになったような・・・



ついでにパワーフィルターももう1回洗って、
翌日薄めにフィルターオイルを付ける。



さあいくぜ!とキャブを装着して
いざエンジンをかけると・・・


「ブルルルルン・・・・プス」


なんと前回と同じように
アクセルを吹かすとエンジンがとまる事態に。


どうやら、多分、ニードルの付け方が悪かったのかも。
うまく穴に刺さっていないとか、その他の理由で。


もしくはキャブとインシュレーターの取り付けや
パワーフィルターの取り付けがだめだったか。


それらをもう一度ちゃんとしてから
エンジンを始動すると



「ブルルルウーーーン!!」



おお、始動性がよくなって
回転が安定しているような。


実際に乗ってみると、
実感するほど変わってはいないけど
少しは吹け上がりが良くなっているような。

とにかくキャブが原因でパワーダウンという
訳ではなさそう。
一つ可能性を潰せたからよかった。



250TRidertatti4 at 23:12│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
取り外し後、キャブを観察。



IMG_5574
入り口。綺麗ではない。
奥にニードルが見える。



IMG_5575
外観も汚い。
CVK!



IMG_5576
ケイヒンは★がロゴになっているようだ。




IMG_5577
下のところは意外に綺麗。
しょっちゅう取り外ししているからかも。
パッキンはなんとなく大丈夫そうだ。



IMG_5578
下からの画。
フロートと呼ばれるプラ状のやつも意外に綺麗。
キャブを取り外してジェット交換するとやりやすいね。



IMG_5581
上からの図。
やはり汚いね。



IMG_5585
出口(エンジン側)の図。



IMG_5586
アクセルが開くとここの弁も開く。



IMG_5587
下からの図その2。
まあ色々な穴がありますわ。



IMG_5588
フロートバルブは
細い6角レンチで棒を押し出して外した。


IMG_5589
これが上がったり下がったりなんだね。
何か高度なようでこれで大丈夫?てなりそうなメカニズムだね。



IMG_5591
この部分はネジがなめそうだったので
分解しなかった。何が入っているのだろう。



つづく


250TRidertatti4 at 22:57│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジンカバー交換後のパワー感の無さの
(あくまで個人的な感触だけど)
原因を究明すべくキャブレターを分解して掃除することに。

キャブの分解なんて今までしたことなかったので
うまくいけば原因特定できるかも。


IMG_5559
まずはパワーフィルターを外して




IMG_5560
次にキャブレターとインシュレーターを
留めてあるホルダ(クランプ)を外す。
今後、頻繁にジェットニードルのクリップ位置を調整することになり
その度ここを外すので現在はネジがなめそうになっている。



IMG_5561
おっと、ガソリンをぬいとかな。








IMG_5562
スロットルケーブルを留めている
このネジが固くてなめてしまった。

そういや前回、同じ状況になっていたのに
完全に忘れてしまっていた。
このネジを外さずにやらねば。



IMG_5571
ちょっと面倒くさいけど
グリップ側のスロットルケーブルを外して緩めると



IMG_5572
タイコが外れるようになる。



IMG_5563
次に反対側のガソリンのホースを外す。



IMG_5564
引っ張ったら簡単に抜けた。
少しガソリンがチョロチョロ


IMG_5565
こっちのほうのホースは・・・
バキュームホースと言うらしい。



IMG_5566
キャブのところのを抜く。
ちょっと固かったけど
ピンは下に引っ張ってぐりぐりしてたら抜けた。


IMG_5567
最後にカプラー。
これが意外に固かったが気合で。



IMG_5573
取り外し完了!



IMG_5570
エンジン側には布をつめておく。



つづく

250TRidertatti4 at 22:41│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月14日

そしてついにお盆。
早起きしてジェット交換。



今日の相談相手は、

純正のCVKキャブにパワーフィルター装着
MJ135、SJ38、2〜3回転戻し
社外のジェットニードル使用。クリップ3段目
全体的にスカスカ感がありとくに中速。
アイドリングも少し不安定な社会人の方。


バイク屋さんが薄めから始めるのが基本と言っていたので
SJを35にしてみると特に変わらず。
アイドリングの不安定感は
ギアが入っているときにあったので
クラッチの調整で少し良くなった。



MJを140へ。
全体的にマイルドになり、アイドリングとかも安定したような。
自分はマイルドよりも少しシビアなほうがいいかな。疲れるけど。
前からなんだけどいつも9,000回転くらいで
がくんとなってしまう。今回も同じ。



そこで、中速と言えばニードルを
弄ってみようと思い、久しぶりに取り出すことに。


IMG_5524
まさかのネジナメ。
ついてないというか俺だめだわ。



IMG_5522
でえーい!
工具専門店にあったネジナメ専用のネジザウルスというペンチを購入。
高くついたが俺みたいな不器用者には便利かも。


IMG_5525
ガチっと挟んで




IMG_5526
ピキッと取れた。
ネジザウルスすげーわ。


しかし、今回はキャブを外さず、タンクも外さずの作業だったこともあり
奥のネジをナメてしまい、ネジザウルスも通用しない
まさかの展開に。



IMG_5527
そういうときはドリルでぐりぐり。
不器用なりにドリル使いが少しうまくなったかも。


ホームセンターでネジを全部交換。
4Mの18mmくらいだけどちょうどいい長さがなかったから
20mmにした。



IMG_5528
ニードルのクリップは思いきって2段下げの5段目へ。


わくわくしながら始動してエンジンをふかしてみると
空けたあとに少しエンストしそうになる。
ギアを入れて走って止まるときとなるとさらにエンストしかけて
途中で明らかにおかしい挙動に。



IMG_5532
カブってしまったったい。
バイク屋さんがイリジウムでかぶったらいかんよと言っていたが
そうなってしまって日没サスペンデッド。


なかなかセッティングが進まんですなー
というか元々セッティング決まってたんじゃなかったっけ。


いつか昔のように気持ちよく走れる日が来るんだろうか。



【追記】
かぶったのはどうやら取り付けミスが原因だった。
後日クリップを4段目にしてすると普通に走れたので
5段目も多分かぶらず行けそうな気がするぜー





250TRidertatti4 at 01:15│コメント(8)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加