四国1週ツーリング

2010年09月14日

昼食後、この旅最後の見所、
弘法太師も見残したという見残し海岸へ。

RIMG0646-1
でもいってみると、ボートに乗る必要があるらしい。
空海にまつわる逸話に若干懐疑心を抱いていた。
本物のお坊さん曰く、空海は本当にすごい人らしい。
それは納得だが・・・

結局、ボートに乗らずに歩いて手前の島を廻る。
奇岩ばかりでフナ虫もでかい。
強い日差しでかなりの体力を消耗。

土産屋のおばちゃん曰く、
見残し海岸もそんな感じらしい。情報料としてお土産を購入。


RIMG0638
最後の見所も後にし、この旅最後のオススメルートの
サニーロードへ。


RIMG0657-1
左手に海を見る快走ルート。この旅で何度もみた光景。


RIMG0663-1
天気がよく、暑いけど風も気持ちいい。海も綺麗だー



車は少なく、信号もなく、自然と物思いに耽る。
この2〜3年でいろいろな事があった。
いろんな苦悩を味わった。

そこでバイクに出会い、のめり込む日々。気晴らしになった。
でもいつまでもくよくよするわけにはいかない。
苦悩や挫折があるからこその人生。
その分楽しみも待っている。

ツーリングでここまで考えるとはある意味悟りを啓いたかな。



40分ほど走ると四国最後の目的地、宿毛フェリー乗り場へ。
経営難なのか、代金はまさかの6,000円。3時間もかかるし。
次回はこのフェリーに乗らないようにしよう。


RIMG0687-1
遠ざかる四国。
結構走れるもんだ。
でももうこんなソロツーはしないだろーな。

ひたすら走り続けたけどいい思い出になった。
次は歳とってからお遍路さんで行こうかな。

250TRidertatti4 at 23:14│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
炎天下の中、足摺岬へ到着。
駐車場は広くはなかったけど満車になっていた。


RIMG0583-1
木がめり込んでいる、岬唯一の売店。
この旅二度目のアイスクリンを食べる。


RIMG0587-1
足摺岬。
室戸岬と違って断崖絶壁。
こちらも飛行機の機内放送で聞いたことあるような。
自分は室戸岬派だな。


RIMG0611-1
その後、岬の順回路を通っていると
お金を落とすとチリンチリンと音がして
金剛福寺の本堂へ通じる穴へ落ちるという地獄の穴を発見。

テンション上がるぅー


RIMG0612-1
チッ!どうせこんなことだろーと思ったよ


RIMG0614-1
さらに進むと、弘法太師が爪で南無阿弥陀仏を刻んだという岩へ。
賽銭があったけど、それらしき文字はない。
・・・胡散臭いなー

その後も、同太師にまつわるものがあったけどどれも微妙だった。
なんか怪しいなー


RIMG0623-1
THE 灯台!

自分は室戸派だと確信して足摺岬を後にする。
その後の岬の道は海はエメラルドグリーンで綺麗だし、
天気も良くて最高。


RIMG0633
この旅最後の昼食は黒潮市場で名物の清水さばのぶっかけ丼。
うまかったっす。


RIMG0626-1
それにしてもタフな相棒。
暑さに負けずノートラブル。


250TRidertatti4 at 22:39│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
ついに迎えた最終日。
旅の最後は家に帰りたい一心になるというが、
体力的にはそうだけど気持的には名残惜しい。


RIMG0543
朝9時に出発。少し街中を走ってから足摺岬へ向かうルートへ。
四万十川の河口はでかい。さすが日本のミシシッピ。

南へ向かうルートは日南海岸のような感じ。
たまにある縦溝道路がやや残念だけど
綺麗な海を見ながらの走りはやはり快適。


RIMG0550-1
綺麗な砂浜発見。
サーフィン楽しそー



RIMG0552-1
何十分か走ると、足摺岬へつながる山道のルートへ。
道も綺麗で楽しいワインディング。この旅で3番目くらいのお気に入り。


RIMG0562-1
マップに空も綺麗と書いてあったけど
なかなか綺麗。癒されますなここは。


RIMG0568
峠を少しくだって、途中にあった展望スポットで休憩。
恋人の聖地は最近はやっているのか。
人が少なくしーんとしていた。

RIMG0576
足摺の街。小さいですなー。
近くに春分と秋分の日に洞門と夕日が重なる場所があるらしい。

太陽も高くなって暑くなってきた。



250TRidertatti4 at 22:18│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月13日

四国カルストを下って日吉という町へ着いた頃には
ガソリンも少なくなっていた。

予備の500cc(約12〜3km分)のガソリンがついに登場か!?
と思ったとこでガソリンスタンド発見。
でも日曜なので閉まっていた。

道の駅でおばちゃんにガソリンスタンドの場所を聞いてみると
行き先と逆の方向にある城川というところに行けばあるらしい。
目的地の方向はある店は日曜で閉まっているとか。


結局10分ほど逆走して無事給油。
田舎のスタンドの日曜休みには要注意ですな。


その後、田んぼ道を走ってついに四万十川沿いのルートへ突入。
車が少なく、道も広いので遅い車がいてもパス。
川も耳川くらいの広さがあって綺麗。
ところどころで人が泳いでいる。


RIMG0537
行ってみたかった沈下橋を発見。
欄干がなく、水量が増えると水に浸かる橋。九州にも多分ある。

欄干がないから落ちる危険あり。
落ちたことがある人いるのだろうか。


RIMG0536
初の沈下橋を渡るのに緊張。
いざ渡り始めると、ちょうど向こうから車がきて最初までバック。
泳いでいた子供達に笑われてしまった。


もっと高い橋へ行ってみたかったけどまあいいか。


その後もひたすら快走。
なかなか四万十市の看板がでないなーと思っていて
ついにその過ちに気づく。

道間違えたあー

20km程気づかなかった自分に脱帽。
完敗っす。

すでに夕方なのでまた遅くなるのはうんざりなので
この旅2度目の激走。
約20kmを秀吉の中国大返しのような鬼の走りで引き返す。
四国大返しと名付けよう。

そしてなんとか正解の道へ進むも
細い道で離合を強いられ体力を奪われる。


RIMG0538
有名な佐多の沈下橋。



RIMG0539
明るいうちに間に合った。
感想は特にありません。

その後、細い道をくねくね行ってやっと四万十市へ。
小さな町であっという間にホテルへ到着。

日曜だったので客は多分二人くらい。
夜は四万十名物のうなぎを食べた。

こんな安宿に泊まることももうないかなと思いつつ就寝。
ついに明日は最終日。





250TRidertatti4 at 23:49│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月08日

RIMG0489
197号を進んでいるとついに四国カルストへつながるルートへ。
遠くに見える山あたりが目的地なのか。

写真を撮っている間に1台バイクが先に上っていった。
気合を入れてアタック!

このルートは路面がやや荒れていて、コーナーもタイトだったり
連続したりと四国で通った中で一番テクニカルかも。
自分はなかなか早く曲がれない。

先に上っていったオフロードのような2stのようなバイクには
追いつけなかった。
テクニックが違うんでしょうなー

長らく攻めていると、坂の上に建物が見えてきた。
レストランや土産売り場のある休憩スポットのようだ。

RIMG0496-1
ここからの眺めはなかなか。
あの山を登ってきたんだなー
ハーレー軍団やZ1系?のバイク軍団がいた。

ここから先は道が細くなり離合に注意。
バイクは楽だけど車は大変そうだ。


RIMG0504-1
阿蘇のような風景。
カルスト台地は何度見ても新鮮だ。


RIMG0510-1
結構大勢で走っている軍団がいた。
女性もいてみんなかっこいいバイクだった。


RIMG0525-1
さらに先にすすむとバイクがさらに増えてくる。


RIMG0521-1
この辺りは県境がたくさんあった。
阿蘇とは違って細い道だけどたくさんの観光客で賑わっていた。


RIMG0531
その後も細い道が続く。
対向車に注意しながら、路面に注意しながら下っていく。

途中、後ろからきたバイクにぶち抜かれた。
きちんと挨拶されたけど、性能やテクというよりも
度胸が違う速さだった。路面が荒れているのも関係ないみたいな。

途中、一瞬雨に見舞われるもすぐに止んだ。
結構長く坂を下ってやっと197号へ戻った。
ここからは四万十を目指す。

四国カルストは自分には早く走れなかったなー

250TRidertatti4 at 23:27│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月07日

桂浜を出て14号→23号と走り、
オススメルートの横浪スカイラインへ。

RIMG0481-1
綺麗な海を見ながら山中を走るルート。
でも昨日走った南阿波サンラインと比べると路面がやや荒れている。


RIMG0474-1
でも海はほんとに綺麗。
南国ですなー
疲れているので安全にワインディング。


途中の展望所で休憩。
出店のおばさんは声をかけてくれていい人だった。


RIMG0482-1
横浪を抜けると田舎道へ。
大きなセメント?工場発見。


そして11時ごろ須崎へ到着。
気温も上がってきた。


RIMG0485-1
名物の鍋焼きラーメン。
美味かった。宮崎でもあったら流行りそう。


その後、197号にのって次の目的地四国カルストへ。
これまでゆっくりきた分、気合を入れねば。


RIMG0488
でもまだ低地で暑いので道の駅のベンチで休憩。
寝たいわあ〜



250TRidertatti4 at 22:55│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
目覚めとともに訪れる疲労感。
いよいよ疲労がピーク。
昨日はちょっと走りすぎかな。

出発前に同じ宿に泊まっていたイタリア人に
kawasaki good!と声をかけてもらった。
片言イングリッシュで会話。

なんとかというメーカーの
600ccのモタードのバイクに乗っているらしい。
ドゥカティじゃないのかと聞いたらドゥカティは高いらしい。

チャオ!と挨拶をして
爽快な朝の空気の中、疲れた体を引きずり出発!

作戦を変更して観光から走りメインへ。
観光はこようと思えば歳をとってもこれるでしょ。
とはいえ、高知で何も見ないわけにはいかないので
桂浜へ行くぜよ。


RIMG0442-1
竜馬とご対面。


RIMG0448-1
きれいな桂浜。
朝早いのに観光客がそこそこ多かった。
展望台まで歩くのさえ疲れる。
初めてアイスクリンを食べたけどおいしかった。


RIMG0437-1
闘犬は次回見にこよう。

土産屋のおばさん曰く、
竜馬ブームでGWはかなりの渋滞&お客だったらしい。
生まれて初めての現象だったとか。
やはり観光産業はブームが大事ですな。


RIMG0465-1
バイクも多かった。
カブやレトロなトランクを積んだボルティもいた。


RIMG0467-1
桂浜を後にし綺麗な海岸線を走る。
クラッチを上げる左足の甲は痛く、アクセルを開ける右腕が痺れて痛い。
ゆっくりと60kmの流れに乗っていく。

目指すは横浪スカイライン。



250TRidertatti4 at 22:42│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月06日

室戸岬を出る頃にはかなり日が傾いていた。
本来はここに宿をとるべきだった。
次回があるなら気をつけよう。

高知までは左手に海を見ながらずっと走る。
旅をしているんだなって感じ。


IMG_0758-1
さすがにつかれたので
きれいな海岸で休憩。既に18時が近い。


途中で猫が轢かれる瞬間に遭遇。
といっても車の下にうまくもぐったけどそこから動いてしまって
体の一部が轢かれたらしい。

助けようとバイクを停めたけど、
激しくのた打ち回って手も付けられそうにないし、
小さなスプレーのように血が出ていた。

直感的にこれはしばらくしたら死ぬと思った。
路上にいた人も背を向けて家へ帰った。
その後、しばらくブルーになった。


やっと高知へ近づいてきた。
市街地を迂回するルートを通る。

IMG_0760-1
高知での夕日。
山に沈むんだーと思ったけど、宮崎もそうだ。


そしてついについに宿へ到着。
今日は頑張った。

東京から来ている旅人に土佐鰹のお店など聞いたが、
疲れてもう街へ出る気力がない。


IMG_0764-1
近場の定食屋へ行くと
「さっき終わったよ。ラーメンならあるよ。」
と向かいのラーメン屋へ案内された。
エアコンがないため、外へテーブルと椅子を置いているらしい。
交差点の一角のため、みんなから丸見え。

店の主人に「はよ結婚せい!」と
軽い説教を受けた。子を思う気持ちは全国共通だな。
ラーメンとおにぎりはうまかった。

今日は300km以上走ったかな。
疲れた。でも楽しかったなー。





250TRidertatti4 at 23:33│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
給油してから高知県へ入る。
しばらく車が多かったけど、ガソリンスタンドの店員が言うとおり、
野根大橋を過ぎたら車が減ってきた。

ここからは快走というより爆走。というより激走!
遅い車がいても道が広いからすぐにパス。
リッターバイクの軍団も信号待ちのすり抜けでパス。

軽トラやクロネコやトラックもパスパスパース!
しかも海沿いで景色もいい。
こんな道があるんだなー


RIMG0418-1
しばらく激走し、夫婦岩というところで休憩。


RIMG0415-1
四国からみる太平洋。
思えば遠くへきたもんだ。


RIMG0425-1
激走ルートが終わりを告げる頃、
スケキヨのような像が・・・



RIMG0430-1
そして本日のメインスポットの室戸岬へやっと到着。


RIMG0433-1
砕かれた岩が多く、海も荒い。
荒涼としていて寂しい感じ。


RIMG0432-1
ドラクエの寂しい教会を思い出す。


IMG_0739-1
最果ての地というか約束の地という感じ。

若い男女が一眼レフで写真を撮っていた。
女の人は黙ったまま、男は疲れた様子で座り込んで写真を撮っていた。
飛行機の機内放送で現在室戸岬上空だと聞くが、実際は寂しいんだな・・・



IMG_0755-1
そして室戸スカイラインへ。
夕日がまぶしい。


IMG_0756-1
夕日が寂しさ倍増。
でもいいとこだ。




250TRidertatti4 at 23:10│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
薬王寺を出てさらに南下する。
体力の限界!お遍路さんはこれを持って封印。
蝋燭も線香もシートのバッグへ封印。

5箇所廻っただけでもいい思い出になった。
八十八箇所まわるのは体力がいるなー


RIMG0387-1
久々にオススメルートへ入る。
南阿波サンライン。
実はこの旅で一番このルートが楽しかった。


RIMG0389-1
山肌を走る。
中速のカーブが多く道もいい。


RIMG0390-1
海だー!綺麗でテンション上がる。


RIMG0400-1
車は少なく快走。ギアチェンジが楽しい。
いくつものコーナーを曲がってもまだ海がせまってくる。


RIMG0411-1
楽しかったルートも終了。夜はバイクは通行禁止らしい。
これだけ快走できると納得。事故多そうだし。
いつかまた走りたいルートですなー

その後街中へ下って給油。
ガソリンスタンドの店員に聞くと

「この先しばらく行くと空いてきますから
室戸までは速度によっては早く着きます。
高知までは・・・。」

どうやら高知まではかなり遠いらしい。
そしてさらに南下。


250TRidertatti4 at 22:18│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加