ハンドル関係

2016年05月09日

リヤタイヤとドラムブレーキの整備が済んだことで
にわかに遠出の虫が騒いでくる。

久しぶりに泊まりで走るか!?
と衝動に駆られる。

行くかどうかは置いといて
とりあえず準備だけしておこう。



ロングツーリングとなれば
セパハンは自分的に無理。
ということでバーハンへチェンジしよう。

俺はカフェレーサーやロッカーズにはなれない。
俺にはツアラーの血が流れているに違いない。
言い訳がましいがセパハン疲れるよね。




IMG_7970
ハンドルチェンジに伴い
グリップも何年振りかに交換。




IMG_7971
グリップを交換すると握り心地がいいね。
なんか嬉しいね。




次にクラッチも交換。
この前乗ったら久々なせいかクラッチが重くて
もう乗れないくらいに手が疲れた。

取り回しのせいかもしれないけど
ケーブルが寿命かもしれない。






IMG_7974
交換は初めてだが
とりあえずシートを外してタンクのボルトも外してみる。
結果的に作業しやすくはなったけど
外さなくてもできたかもしれない。




IMG_7975
タンクの下を通って
太めのハーネスがクランプで留められている。



IMG_7976
クランプを外しましょい。




IMG_7972
忘れないように現在の状態をパシャ




IMG_7973
固定している金具を外して




IMG_7977
クラッチレバーからタイコを外して
簡単にケーブルの取り外しに成功。



IMG_7978
GW前だったので
最安値のものより納期が確実なものを選択。
多分どれ買っても変わらないような気がする。
スタンダード長でブラックを購入。



IMG_7979
古いケーブルからどうやって
ナットを外そうと思ったけど
新品にもしっかり付いていた。




IMG_7980
レリーズバーに取り付けて




IMG_7981
金具に通して固定して




IMG_7983
グリスを注入して終了。



乗ってみると軽くなった気がするが
劇的ではない。
やはり取り回しのほうが問題だったかな。


でも新品はいいね〜。









250TRidertatti4 at 23:35│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月16日

IMG_6177
点錆が目立ったケースをこれを機に
綺麗なやつに交換。
ぴったりだと思ったけどライトの部分の
小さなネジ穴の位置が合わなかった。

まあドリルでいつか穴を開けよう。



IMG_6200
セパハンの穴の位置が
合わないなと思い、
ウインカーとかライトのスイッチの突起を
ニッパーと棒やすりで削った。


後で判明したけど
セパハンの穴はメーカーがちゃんと開けてたやつで
このセパハンはグリップが少し余るくらいの長さになっている。


突起を削ったせいで
固定されずに動いてしまうが
通常使用は大丈夫そうだ。



IMG_6202
取り付けが完了した頃には
日も少し傾き始めていた。



IMG_6205
グリップとかメーターとか
スイッチ類をなんかしたいね。



IMG_6207
ライトがにょんと出てるね。



IMG_6204
乗ってみると戦闘的ポジションで
常に攻めている感じ。
やはり首と腰が痛い。



IMG_6203
バーハンより飛ばせないのは
慣れていないせいかな。
ギリギリのすり抜けもぶつかりそう。

クラッチも手が疲れる。
ベストポジション探さないといけないね。



IMG_6201
通勤で慣れよう。
左のミラーは常に空を映しているので撤去した。
ミラー変えたいな。




おわり

250TRidertatti4 at 00:47│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
翌日、ちゃんとセンタースタンドを立てて、
再度ステムのボルトを緩めて締めると・・・


IMG_6193
ハマったがな。
ボルトの錆が汚い。



IMG_6184
セパハンはチャックボックスのエースバー。



IMG_6185
トップブリッジの下にセパハンを持ってきて、
その下にライトステー。
やっぱフォーク径にあうのが一番だで。



IMG_6191
次はセパハンの角度の調整。



IMG_6192
一番切ったときでも拳一つ分くらい隙間が
空くくらいにしてみた。
すると・・・



IMG_6194
ハンドルロックの蓋が当たってますやんか。
昔つけた時はどうだったかなー




IMG_6195
こんなもの



IMG_6197
こうしてやる



IMG_6198
簡単に取れた



IMG_6199
封印完了!











250TRidertatti4 at 00:31│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
カフェレーサーといえば・・・
そう!セパハン。
男といえばセパハン。

トルク向上にあくせくしていたこの頃。
ツーリングにもいかないし、
たまには別のこともやってみようかなと思い立ち
久々にセパハンにしてみることに。


IMG_6175
まずは、ほわたたたー!
とクラッチ、アクセルホルダー、グリップ、トップステムなどを取り去る。
あっという間にハゲタカのような3POのような哀れな姿に。


IMG_6176
たまにはフォークも磨かないとね。



IMG_6179
この日のために買ったスリムパイプライトステー(だったかな?)

これまでは39mmのオークランドステー(だったかな?)を付けていた。
フォーク(37mm)にゴムとビニールテープを巻いて2mmの厚さにして。
それだと高さ調整が何度も細かくできなかった。



IMG_6180
しかし残念ながら、
ライトケースのボルトとステーの穴の大きさが合わない。



IMG_6181
結局、新しいステーのフォークの部分と
これまでのライトを固定する部分のステーを組み合わせることに。
まあこれでも全然いいや。



IMG_5852
話は変わるが、
先日帰宅途中にカンカンと音がするので
なんだろうと思ってふとフェンダーあたりをみると
なんとウインカーがプランプランしながら点滅していた。



IMG_5853
タイヤに巻き込む危険はなくてよかったけど
ボトムのステー部分が折れたみたい。
なんかぶつけたかな。


IMG_6182
バイクショップで似たようなやつを購入。
これを取り付ける際に下のステムのボルトも緩めたせいか、
しかもサイドスタンドをたてて斜めった状態で作業していたせいか・・・




IMG_6183
ステムとフォークが元の位置にもどらず
その微妙の違いのせいだか
トップブリッジがハマらない。


毎度のことだが、意外に苦戦。
とりあえず翌日へ持ち越しじゃい。










250TRidertatti4 at 00:20│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月27日

これまでのハンドル歴

幅広で鬼肩な純正ハンドル
     ↓
ほぼ座ったままの姿勢を保てるヨーロピアン2型ハンドル
     ↓
前傾よろしく格好良さ重視のセパハン・・・
     ↓
そして落ち着いたのが現在装着している
ハリケーンのフラットコンチ2型ハンドル。


ハリケーンのフラットコンチ2型ハンドル
幅がそんなに広くなく、高さも低めのため
若干前傾姿勢になり、それが旧車というかビンテージというか
標準的なネイキッドな感じでよい。
SRとかもこんな感じなのかな。


ビンテージなハンドル
ヨーロピアン2型より若干前傾になるけど、
全然長距離を乗っても疲れない。


250TRハリケーン
タンクに干渉しないし、ノーマルのブレーキホースとかでOK。
ブレーキリザーバーが若干斜めになるけどまあ大丈夫でしょ。


WMとかのコンチハンドル(多分ステンレス製)にも憧れるけど、
ちょっと高いからいいやと思った。
ハリケーンはクロームメッキ製。


ハリケーンのステッカー剥がす
ハリケーンはステッカーがださい。
ステッカーを剥がすと、中心をシリアル番号の配置でみることになる。
これだと0と7の間が中心。まあ少しずれても大丈夫っしょ。

安物のハンドルで満足しているけど、
ブランド物にこだわるときりがなさそうだ。



250TRidertatti4 at 01:03│コメント(8)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月09日

画像 042
250TRの純正ハンドルはビンテージオフロードっぽいスタイルもあって、
ハンドルは幅が約80cmくらいあり、高さが15cmくらいある。

最初は満足していたけど、オンロードなスタイルを目指すにつれ、
幅広で鬼肩的なライディングスタイルになるハンドルを
交換したくなってきた。

そこで一時期、純正よりもハンドル幅が狭く、
プルバックもいい感じとの評判だった
ハリケーン製(HURRICANE)のヨーロピアン2型というハンドルをつけていた。


画像 217
西欧の雰囲気ただようハンドル。もちろん全然ただよってない。
幅が約70cmくらいで高さは純正より少し低い。
プルバックがきいてグリップも少し手前にくる。

そして意外にもハンドルって安い。メーカによるが・・・
だから何本か持っているといいですよと
以前バイク屋さんにアドバイスを受けた。


画像 178-1
乗ってみると、座ったままの自然な体勢で運転できる。
これならかなり長距離乗っても疲れなさそう。
実際、長距離乗っても楽。風の抵抗値は高いけどね。
すり抜けも楽になる。


トラッカースタイルで楽なポジションを求めるならいいかも。
すり抜けも楽やさかいなー

250TRidertatti4 at 00:07│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月01日

苦労してセパハンとバックステップを取り付けて
いざ出陣!の前に記念撮影。
ちなみに去年の話。


250TRバックステップBEET
フルフェイスにピースサインが痛々しい。
テンション上がっていてヘルメットの中は笑顔。
太って見えるけど、案外細身だ。

このバイクにフルフェイスは大きくて似合わないね。
一応Mサイズなんだけどね。
・・・自分のヘルメットが大きいだけかも。
似合っている250乗りもいるしね。
ちなみにSHOEIのX11。


250TRバックステップBEET2
後ろから見るとそんなに変じゃない感じ。



走り出すと、すごい前傾姿勢。

「何?この違和感!」

「俺浮いてないよね?大丈夫だよね?」

「上着が前に持っていかれてるけどパンツ見えてないよね?」

「ハアハア・・・」

と自分に問いながら息が荒くなる。


すごい運転しづらい。停車時にふらついてしまう。
首と腰が痛くなるし、実際上着が前に持っていかれて
パンツが見えちゃっている。


でも慣れてくるとコーナー以外は片手運転で上体を起こして、
ニーグリップをうまく使えば
多少は首や腰の疲労を軽減できるようになる。


峠などのコーナーを曲がるときは楽しい。
結構寝かせられる気がする。
ハングオンは自分はできないけど。



でも立ち上がりにレーサーのイメージで加速しても
「ぶーん・・・」
という感じでのんびりな加速がイマイチ。


250TRではセパハン&バックステップは
走りよりもファッションだな。
ちなみにツーリングで250kmくらい走った後は膝が痛かった。




BEETのバックステップは思ったより後ろに行かないから
バーハンドルにももしかしたら合うかも。今度試してみよう。
ちょっとリアブレーキが強く踏めなくなるけど。




WMのバックステップは結構後ろに行くらしい。
今はロングツーリングを考えてバーハン&ノーマルステップだけど
気分が変わったらまた付けてみようかな。

250TRidertatti4 at 00:37│コメント(4)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
セパハンとバックステップはカフェレーサーに必須。
カスタム初心者の頃は三種の神器のようなイメージを持っていた。
※三種の神器・・・セパハン、バックステップ、その他

でもバックステップは高くて中古も全然出回らないから、
いつか上級者になったら手に入れてやるんだと思っていたら
ついに入手する日がきて、1ヶ月ほど装着していた。


チャックボックス セパハンエースバー2
チャックボックスのセパハン(セパレートハンドル エースバー2)に
BEETのバックステップ(ハイパーバンク 可倒式)を装着。


チャックボックス セパハンエースバー2-2
250TR用のハンドルロックがあるとはこの頃は知らなかったから、
タンクに干渉しないぎりぎりの角度で固定していた。
パンダの耳みたいと言われたが実際それっぽい。

セパハンの装着はそんなに難しくない。
ただ、ブレーキホースがノーマルで少し長かったから
ライトの手前を一週させて長さを調整した。


チャックボックス セパハンエースバー2-3
チャックボックスのセパハンはステンレス製で
溶接がカッコよく質感もいい。
垂れ角が少し付いているから前傾も少しきつめかな。

ライトやウインカー、スピードメーターは純正だと
セパハンは付けられないかな。
付けれるけど苦労するかも。


250TRバックステップBEETハイパーバンク
造形美漂うBEET∇250TR用 ハイパーバンク(固定式)
これは装着するのに苦労した。
取説があると知ったのは悪戦苦闘して2〜3時間経った頃。
BEETのホームページで資料請求できる。

仕組みが分かれば取り付けは難しくないけど、
初めてだったからすごい急な角度で取り付けて
ブレーキが効かない状態だった。

ブレーキにつけるスプリングの長さが合わなくて
呆然としたけど、BEETで部品注文さえもした。
苦労したな・・・

つづく

250TRidertatti4 at 00:09│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月24日

RIMG0029
ここからが大変。
純正のスロットルは非貫通のため、穴が小さい。
これを広げる必要があるが、便利な工具がない。

ドリルで削って頑張ったけどなかなか作業が進まず。
結局サンドペーパーで地道にこすって穴を広げた。

RIMG0030
これでもまだバーエンドに引っかかって
アクセルが戻らない。
綺麗な円の穴があくまでゴシゴシ。
かなりの時間を要した。


RIMG0025
これが新しいグリップ。フルネームは
「デイトナ耐震プログリップ768。」
プログリップの中で太いタイプをチョイス。
でも最初のよりは細く感じる。


RIMG0032
これも接着剤なしで装着可能。


RIMG0031
ついに装着完了。
こんなに時間がかかるとは。
ストリートっぽくなったので大人な感じではないなー


乗ってみると、あまり振動なく快適。
太くなくても大丈夫だった。
逆に太くないから、親指の付け根が痛かったのがなくなった。

かっこよくなったとはいえないが、
しばらくはこれでいきますか。

今回装着したグリップ
DAYTONA PROGRIP (プログリップ) 768 63726 ブラック/ブラック

250TRidertatti4 at 01:10│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
プログリップの耐震ゲルビンテージグリッププログリップ842タイプ
これまで着けていたグリップ。フルネームは、
「プログリップの耐震ゲルビンテージグリッププログリップ842タイプ。」
肉厚なグリップ自体が振動を和らげていたような気がする。

でも、非貫通タイプなので、
先日購入した振動防止用のバーエンドバーウェイトが付けれない。
(とはいえ、クラッチ側だけグリップのエンドのゴムを破いてバーエンドを
付けていた。アクセル側は断念してそのままだった・・・)
1年使って色も褪せてきたのでチェンジ!


スイッチ取り外し
まずはクラッチ側から。
ウインカーのスイッチを取り外しておく。


ハンドルグリップ取り外し
マイナスドライバーをグリップの間にねじ込んで
パーツクリーナーを注入。
乾かないうちにねじりながらグリップを外す。
途中で止まったら再びマイナスドライバーで隙間をこじ開けて
パーツクリーナーを注入。


ハンドルグリップ取り外し2
肉厚なグリップで滑らないから、
接着剤を使っていなかった。ので、取り外しは楽。

既に写真では取り付けてあるけど、
バーエンドとバーウェイトは意外と簡単にを取り付けできる。
でも外すのはゴムが滑らないので少し大変。
バーエンドとバーウェイトはあまり付けたり外したりしないほうが楽ですな。

ちなみに、非貫通のグリップでも使えるバーウェイトもありそうだが・・・

ハンドルに振動がくるのはハンドルが軽いかららしい。
だからバーエンドやバーウェイトで重くすることで多少軽減するとか。
単気筒だから余計に振動が激しい。



アクセルホルダー
次はアクセル側。アクセルホルダーを外す。


スロットルを外す
こちらはスロットルを外してからグリップを外す。


アクセル側
マイナスドライバーとパーツクリーナーで結構簡単にグリップは外れる。

つづく



250TRidertatti4 at 00:56│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加