エンジン

2015年11月23日

以前エンジンカバーを交換した際
いろいろと失敗や適当なリカバリー作業で終わってしまい

なんとなく不調の原因ではないかと
気になって夜も眠れないので
もう一度クラッチカバーを開けてみよう

と思い立ったのが金曜の夜だったが
構わず作業開始!
貴重な土日を有効に使わにゃならんぜ。


屋外用のライトを付けての作業。
いつかガレージで夜な夜なバイクいじりするのが
一つの夢だね。



オイルを抜きつつ、エキパイとサイレンサーを外して、
バックステップを外して、クラッチケーブルを外して、
カバーのボルトを緩めてと
プロ並みの手際で分解していく。


前回のカバー交換後に
あまりにボルトを締めすぎて折れてしまい
そのままにしていたが、

今回、ドリルでガガガガとすること20分程度で無事に取れた。
自慢じゃないけど下手なだけに
最近ほんとドリルでネジ削るのうまくなったよ。




IMG_5808
翌日、再びクラッチとご対面。




IMG_5802
砥石用のオイル。
ホームセンターに打っていた。



IMG_5801
今回は入念に平面に磨くぜー。
と思ったが適当に終了。



IMG_5805
サービスマニュアルに
オイル通路を掃除と書いてあったので
エアダスターのスプレー缶で
ブシュワアアーーーー!



IMG_5803
さらにサービスマニュアルに
オイルスクリーンの清掃と書いてある・・・



IMG_5804
取り外してみると
前回ガスケットを削ったカスが一杯。
カスをケースに入れないようにしないといけないね。



IMG_5806
パーツリストを眺めてみると
ノックピンのOリングを付け忘れている事を発見。
ずっと前に買っておいたやつを装着。



IMG_5809
ここはやはり固そうなので
空けずにそのまま。
多分空けないほうがよさそうだ。


カバーを装着開始。



IMG_5812
折れたボルトは、
ホームセンターに同じ長さのがなかったので
ちょっと短いやつで代用しておこう。


IMG_5810
なんとなくしっくりきている。



IMG_5864
後日、純正品を購入。



組みなおして乗ってみると
吹け上がりとかは変わらんがなんとなく気分的にすっきりした。
ストレス発散になりますなー。



次のオイル交換のときにでも反対側も開けてみよう。
トルクレンチ欲しいな。






250TRidertatti4 at 00:18│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月20日

うまくバルブが閉じた状態でTマークを合わせたら
その状態で隙間の確認。


IMG_5689
隙間とはここのことざんすね。



IMG_5691
我が家のシグネスゲージはこんな感じ。
これで0.16mm。


IMG_5694
これだと0.14mm。頭の体操になるね。



IMG_5692
これを隙間に差し込む。
差し込めない場合は隙間が0.16mmより狭いってことですなあ。



IMG_5696
隙間のほうが広い場合は
このように奥まで突き抜ける。

恥ずかしながら前回はこれが理解できていなかった。


IMG_5698
隙間はドライバーとレンチで調整する。
最終的にレンチで締めるときに隙間も少し狭まるので
自分のような不器用者にはきっちり狙った値にするのは難しい。
結果オーライで規定値の範囲内に収まればOKかな。


結果、吸気(エアフィルター)側0.14mm、排気(エキパイ)側0.17mmとなった。
というよりも最初計ったときも規定値内だったからここは問題ないだろう。
エンジンがちゃんとかかれば・・・



いざ、エンジン始動・・・




ブウォーンンンン!!



おお、いい吹け上がり!
になったような気がしないでもない。


ガソリンコックの清掃や今回の調整で
なんとなく吹け上がりが良くなった気がする。
(こう言っとけば間違いはない)


ただ、パワー不足感は変わっていないな。





250TRidertatti4 at 00:12│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月19日

ガソリンコックの分解のために
タンクとシートを外していると・・・


IMG_5679
あのさ、バブルクリアランスの調整やるなら今じゃね?

と、神の声が囁いてきた。


バブクリ調といえば4〜5年前にチャレンジして見事に失敗した
苦い記憶がある。
しかし、神が囁く。「はよせないかんて」


当時はリサーチ不足だったが今はたくさんの有用なサイトがある。
今ならできるはずだ。怖くない。
T6さんのblogここを参考にチャレンジ。



IMG_5687
まず、エンジンの上についてる
キャップを二つとも外して



IMG_5680
次にオルタネーターのキャップを外して



IMG_5681
中野TFを確認。


IMG_5682
反時計周りに回転。


圧縮上死点とかよく分からないけど、
参考サイトを見るべし。


IMG_5690
んで、Tが線と合うところでとめる。


ただ合うだけではだめなのが難しい。
ここ重要。アンダーライン。
参考サイトを見るべし。

つづく

250TRidertatti4 at 23:53│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月14日

IMG_5515
早速コンプレッションゲージを購入。
ホームセンターや南海には売っておらず、
工具専門店にあった。3,000円くらい。



IMG_5516
250TRの点火プラグは12mmなので
別途ソケットが必要だった。



まず暖機運転して
点火プラグを取って、そこにゲージのソケットをはめて
アクセルを全開にてセルを押すと


ウィウィウィーン、ボン♪
というかんじでセルが回ってマフラーから排気が出る。

IMG_5517
最初の値
10.7 kgf/cm2くらいかな



IMG_5518
同様に2回目
7.5 kgf/cm2くらい

セルの回す回数も合わせたほうがいいらしい
3回目も2回目と同様だった。


サービスマニュアルで適正な圧縮圧力を見てみると
9.1〜14.0 kgf/cm2

これはやはり低いのか!?
1回目と2、3回目で差が出たな。


もう一度、暖機して
次はゲージのソケットをしっかり点火プラグの穴につないで
アクセルも目一杯全開にしてみる。




ウィウィウィーン、ボン♪



IMG_5521
3回とも 10.4 kgf/cm2くらい。


これは適正とみていいのかな。
そうとなればやはりバイク屋さんの言うとおり
セッティングの問題かな・・・


ゲージを外すときはしっかり圧力を抜かないと
ボンっと言ってびっくりするぜー


つづく








250TRidertatti4 at 00:53│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
そんなこんなで夏となり、
エンジンカバー交換後は排気漏れのような
スカスカ感(パワーダウン感)にがっくりきている今日この頃。


恐らくクラッチカバー合わせ面の傷のせいだと思い、
もうエンジン載せかえるか車両を手放すかの
どっちかだろうなと思い、
バイク屋さんへエンジン載せかえの相談へ行くと・・・


「エンジンはお客さんに取り寄せてもらってから
それをこちらで載せかえますが
ちゃんと動く保証ができません」



ごもっともだ。
オークションでしか取り寄せられないだろうから
一か八かになってしまう。

でも自分でも取り付けまで
なんか出来そうな気がする。
オーバーホールは無理だけど・・・


「一応状態を見てみましょう」


と、まずエンジンを始動して
泡を吹きかける。


どうやら圧縮漏れはしていないらしい。


その後、実際に乗ってみて
クラッチの滑りなどいろいろ聞かれたけど

バイク屋さん的には、
エンジンは状態はいいし
下が少しスカスカだけどちゃんと回っているし
お客さんの気のせいかもしれない。


エンジンカバーの交換を機に
そうなったのは少し疑問だけど
タペットの調整やジェットのセッティングの
問題ではないかとのことだった。

エンジンの調子はいいから
圧縮比は見ないらしい。



自分がしばらく乗っていなかったせいかもしれないが
どうもパワーダウンしている感が否めない。
一度持って帰って自分で圧縮を測定してみることに。


つづく


250TRidertatti4 at 00:30│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月13日

以前、TRさんに静岡の会社のフィンカバーを教えてもらったのだが
料金的にちょっと手が出なかったので
BEETのフィンカバーをついつい中古で購入。
それでも高かった。



IMG_5068
実際届くとその小ささに愕然。



ビッグというだけあってもっとでかいかと・・・


IMG_5069
キモパーツは付けられないようだ。




IMG_5258
せっかくなんで塗膜ば剥がしまそ。



IMG_5323
やりはじめて後悔。
すごい面倒くさい。



塗膜はがし剤は結構いいんだけど
みぞに入るブラシがなくて、
割り箸の先にスチールウールつけたり
細いヤスリやブラシ探しに行ったりで
身も心も疲れてしまった。

後で気づいたけど歯ブラシ使えばよかったかも。


IMG_5395
これで勘弁してつかーさい。



IMG_5396
なんかザラザラ感がすごい。


IMG_5397
黒い塗膜もあり。



IMG_5401
専用のボルトがないので
純正のボルトを使用。
そのせいで長さがおうてない。



いつか、何時になるか分からないが
もっと綺麗にしていい感じにしてやるからと
思いながらいつになることやら。








250TRidertatti4 at 23:47│コメント(7)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
とりあえずカバー付けようやという勢いで
カバーの合わせ面をオイルストーンやカッターや
時にはサンドペーパーで磨いていく。

ただ、こういう作業が一番苦手なため
かなり雑に終了。
もう二度とやりたくないな。


合わせ面の傷にはガスケットをたっぷり塗ってみた。
どうなるかは分からん。


IMG_5282
一部カバーがなくて黒いまま。



IMG_5284
鏡面でなないけど
これが自分の身の丈にあったもんかな。


IMG_5285
土日で終わらせるはずが
実はここまでくるのに1ヶ月程度かかってしまった。



IMG_5286
通勤には流行のチャリ(クロスバイクの通勤タイプ)を購入。
チャリは信頼性が高いから安心。


いざ、エンジンをかけてみると
ちゃんとかかるんだけど
なんか音がスカスカしている。


観察してみると・・・


IMG_5098
レリーズバーの根元から
なんか風が出ているようでありますっ!


いろいろ抜いたり挿したりしているうちに
シールを痛めたようだ。


シール交換すればいいやと思ったが
このシールが全然取れない。
あきらめてバイク屋さんへ
苦労して付けたカバーを外して持っていく。


IMG_5251
バイク屋の女将さんと話しているうちに
いつの間にか取ってくれた。
どのように取るのか見たかったな。


IMG_5253
これが新品。



IMG_5254
打ち込めばいいと教えてもらったので
カンカンと取り付け。



カバーを取り付けると少しはましになったような。
1ヶ月以上チャリに乗っていたせいか
バイクに久々のるとかなりの違和感。
何この重さ、止まらなさ、一体感の無さ的な。


とりあえずスカスカ感をどうにかせねば。

250TRidertatti4 at 23:01│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_5093
クラッチカバーご開帳。
うーんメカニカル。



IMG_5092
なんか白いのが溜まっている。
オイルの乳化ってやつかな。



IMG_5094
曲がっている!
けどそれが普通というかそうなるようだ。
サービスマニュアルには交換するように書いてあったけど
そのままにしておこう。



問題の合わせ面の傷達
IMG_5163

IMG_5165
IMG_5166



俺はあきらめんぞ。


IMG_5167
こんなんええんちゃう。



IMG_5206
ぬりぬり。


(すぐにポロっと取れてしまった)




IMG_5101
このレリーズバーとやらの
合わせ位置が分からない。
マークの意味が分からないが
適当にうまくいく位置で合わせるしかない。


IMG_5098
かなりの時間を浪費して
やっとそれっぽい位置で落ち着いた。
クラッチがこんな引っ掛かる程度の仕掛けで
動いていることにびっくり。





250TRidertatti4 at 22:20│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
次は左側の上のカバーを取り外す。
T型のレンチで外すんだけどコツを掴んできて、
「グッ」と力強くおして「クイッ」と回すと「カキッ」と
ボルトが緩まって順調に取り外し完了。


IMG_5083
ジャン!



IMG_5084
なんかここには触れないでおこう。




次に反対側のクラッチカバーの取り外し。




IMG_5090
まずオイルフィルターのカバーを取り外す。


IMG_5086
後でクラッチの調整があるから
ビフォーをパシャ!


カバーのボルトをエイ!エイ!と順調に外していき
いざ開けようとしてもびくともしない。
あーあれね、固着ね。


「ガスケットの固着」


手順をネットで調べていたときに、
頻出キーワードで出てきていたこれ。

最初のオルタネーターカバーを外すときの
あのボルトの固さが身にしみていたため、
かなり警戒感を強めていた中で
ほら来たよ〜的な感じ。


先人達の知恵によると
ハンマーでカバーを叩くことにより外せるんだとか。


習って「カーン、カーン、カーン♪」


「カーン、カーン、カーン」


「カーン、カーン、カーン・・・」


カバーを打つ音が虚しく響き渡る。
叩けど叩けど外れず。


先人達の中にはマイナスドライバーで
こじ開けるという技も記していた。

習って「グイグイグイ・・・」


これは大丈夫なのだろうか。
合わせ面に傷が入ってしまった。


先人達の中にはごく一部(一人)だが
「傷が入ってもガスケット塗っとけば大丈夫」
的なことを記していた。

もはやそれにすがってこじ開けるしかない。


それでも開かなくて途方に暮れていると・・・


IMG_5090
オイルフィルターの下の窪んだところに
外されていないボルトを発見!


「ギャアァァァァァーーー!」


つづく

250TRidertatti4 at 21:42│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
お盆と言えばバイクである。
先祖を迎えいれる儀式も大事だが
バイカーにとっては旅に出るもよし、カスタムするもよしと
暑い季節だが意外にもバイクと向き合うのに最適なときなのである。

今年の盆も自分にとってバイクとは何なのか、
究極的にはバイクが必要なのかを問いただしながら
最終的に全力で必要論を肯定する意味を見出して
先祖を送り届けよう。

前置きが長くなったが、
梅雨前のエンジンカバー交換の続き・・・



IMG_5077
オルタネーターカバーをご開帳!
ジェネレーターってやつかな。初めて見た。



IMG_5078
エストのカバーにジェネレーターをつけて
装着しようとすると・・・



IMG_5080
このクランプがどうやってもはまらない。
250TRはキモパーツがなくエストにはあるから
形状が違うのだろうと推測。
リード線を押さえるためのクランプだけど
大丈夫そうだから金具なしで付けとこう。


IMG_5261
後日、エスト用を取り寄せると
やはり別物だった。


IMG_5262
んーピッタリ!
でも意外にペラペラで曲がったりして戻したりした。


IMG_5079
備忘録的にこんなのもついてた。
ネジをなめかけてすこし焦った。


オルタネーターカバーを取り付ける際は
リード線がすぐ外れてなんども付けたり外したり。
次はカムシャフトのカバーだで。

250TRidertatti4 at 21:06│コメント(2)このエントリーをはてなブックマークに追加