山陰ツーリング

2016年07月19日

ついに今回のツーリングも最終日。
松山市を出て佐田岬から佐賀ノ関へフェリーで渡る計画。

前日から予報は下り坂。
朝食のときからテレビは大雨に警戒と
しきりに言っていた。これはやばい。


急いで朝食を済ませて
早朝のうちにホテルを出発。
関西へ帰るハーレーの人から
雨がもう降り出すかもと言われた。



一心不乱に佐田岬を目指す。
景色など構うことなく。
もしフェリーが動かない場合は
1泊どこかに泊まってその先はまったく
予想もしていないしそうなると面倒くさい。




IMG_8492
雨もぱらつき風が台風のようになってきた。
何度か風に煽られてヒヤっとする。
向かい風で進まない感覚。
次のコーナーに戦々恐々。
こんなの初めて。



なんとかフェリー乗り場へ。
もう二度とあの暴風の中はごめんだ。


高校生を乗せたバスの運転手曰く、
9時台のフェリーはこれまでの経験上
恐らく動くんじゃないかなとの事。


ホッとしてとりあえず合羽やサイドバッグ用の
レインカバーを取り付ける。
後から来たバイク(ホークだったかな)の若者と
大丈夫そうだと話をする。



しばらくして、周りがざわついてきた。
どうやら運休のようだ。
最悪の展開に動揺したが、
ここから30〜40分の八幡浜のフェリーは動いているそうだ。
先ほどの若者がそちらから帰ることができると教えてくれた。



うおーりゃああーーーと先ほどの道を引き返す。
意外にも帰りは追い風で楽勝。





八幡浜でも行列ができて慌しかった。
どうやら別府行きのほうのフェリー会社は
人気があるのか満車で15時ごろまで乗れないらしい。


オレンジフェリーのほうは12:45発のに乗れるらしい。
ただ臼杵着が15:10と遅いが仕方ない。




IMG_8493
1時間以上暇をつぶしていざ出航。
先ほどの若者はスマホとデジカメとタブレットを使いこなしていて
色々と活用の仕方を教えてくれた。

自衛隊らしく帰郷中らしい。
若くてまじめでメカに強くてイケメンで
早く家庭を持ちたいらしい。

なんて頼りになりそうな若者だ。
自分の娘もこういう若者に嫁がせたいものだ。


若い人から色々メカの事教わると
自分はもう歳だとつくづく感じる。
それに気づかされたことも収穫かな。






IMG_8495
湾内はそんなに揺れていなかったが・・・



次第に荒れてきて






IMG_8497
猛烈な揺れが襲う。
若者は酔わなくて平気らしく寝ていた。
自分はもう窓際に立って気を紛らわすしかなかった。
酔い止め買っとけば良かった。


船内はいたるところで子供が泣いていた。
悪天候のフェリーは地獄だ。




ゾンビのように真っ青だったがなんとか到着。
船内でバイカー達が合羽を着てヘルメットを被って準備する。
まるでパイロットのように。



外は土砂降りだった。
最後にこうなるとは。
若者と別れて高速へ。



高速はそれはもうテレビドラマのような大雨暴風。
天が俺を帰らせないようにしているとしか思えない。
風が吹くたび首をすぼめて脇を締めてニーグリップする。







IMG_8503
人類は勝利した。
雨も止み、門川で合羽を脱ぐ。
ここからは下道で帰ろう。
相棒は相変わらず(一応)ノートラブル。





IMG_8500
さすがに暴風雨にあって濡れたけど
高速でも飛んでいかなかった信頼性ありな
サイドバッグ用のカバー。




IMG_8509
帰宅する頃には19時を回っていた。
今日の天気の結末に相応しい巨大な一本雲が。
一体何だったんだろう。


無事で良かった。
250でも高速乗れば結構遠くへ行けるもんだ。
でも次行くならw400とかw650でもっと遠くへ行きたいな。


次が生きているうちにあるか分からないが
旅をするのってやっぱ楽しいね。
と思い爆睡。


おわり



250TRidertatti4 at 01:11│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
尾道を出てしまなみ街道へ。
旅もいよいよ終盤。
もはや帰るだけが目的・・・


そう思っていたら
(しまなみ街道にあまり期待していなかった)


しまなみ街道最高。




IMG_8453
向島から因島へ渡る橋から見た景色や風、道も最高。
千光寺の警備員さんは最後の橋は
全体の写真が撮れるよと教えてくれたが、

最初の橋で早くもPAにバイクを停めて撮影。
全体は撮れなかったし歩いて疲れた。




IMG_8460
泳いだら気持ち良さそうな海だ。
キャンプしてみたいね。





IMG_8463
次に生口島、大三島、伯方島と渡っていく。
車も少ないしどの景色も最高!
本当に来てよかった。





IMG_8464
そろそろ終わりが近づいていそうだ。





IMG_8468
暑いが天気が良くて感謝。






IMG_8469
最後の大島。
いい腕があればもっといい思い出が撮れただろうに。
いつか家族で来よう。

ソフトクリームを食べて今治、松山へ。
もうどこも観光する気力もない。





IMG_8478
5年ぶりくらいにきた愛媛の海。
この景色はなんか感覚が覚えてるぜ〜




IMG_8488
どことも分からないところで夕日が見れた。
最後の夕日かな。











250TRidertatti4 at 00:13│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月06日

松江を出て山陰自動車道へ乗り西へ。
ショルダーバッグが空いていてバタつき
路側帯で修正。中身が飛び散るところだった。


宍道から三刀屋木次(みとやきすき)で休憩。
ここから尾道まで中国やまなみ街道が無料で開通していて
アクセスが良くなったせいでバイクも多いと
松江の警備員さんが言っていた。



250ccのバイクにテントを積んでいる若者がいた。
佐賀からキャンプしながら来ているらしい。
テント張っても朝は寒いそうだ。
俺もいつかキャンプツーしたいな。



しばらくGSがないようなので下へ降りてガソリンを入れて
やまなみ街道へ!




山を抜けトンネルを抜け
ノロノロ車にひっかかりながらも
一心不乱にひた走る。

いろんなところに自動車道が開通して
しかも無料区間もあり便利になったもんだ。



IMG_8410
やまなみ街道を降りて尾道まであと少し。









IMG_8416
迷って往生しかけたが
細い道をくねくね上っていくと千光寺へ到着。
以前朝ドラでやってたてっぱんの舞台だね。






IMG_8422
絶景定期。
夜景も綺麗だろうね。






IMG_8435
ここ登るの辛かったあ。






IMG_8449
四十八箇所参りみたいに
蝋燭と線香でお参りする。
GWなだけあって観光客が多い。






IMG_8451
尾道ラーメンかお好み焼きを食べるつもりだったけど
もう街中をゾンビのように漂うのが辛くて
近くのお店でカレーを注文。
旅先のここ一番での華麗なる妥協。




千光寺の警備員さんが
遺産指定とかあって観光客が増えているとか
お城いくなら今治とか水軍城は微妙だぜとか
色々尾道のことや四国のことを教えてくれた。






IMG_8440
ラーメンとお好み焼きが心残りだが
いい眺めでよかった。さらば尾道。



250TRidertatti4 at 23:50│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_8407
城内を移動して北惣門橋方面へ。
早朝の松江城にもバイクが増えてきた。
徒歩で城外へ。





IMG_8341
堀がちゃんと残っていていい感じ。




平日で通学の自転車や歩行者が多い。
そのまま歩いて武家屋敷へ。
バイクを路駐している人もいた。






IMG_8350
身内用の玄関らしい。




IMG_8352
これが来客用。
まるで社会の見学のよう。





IMG_8355
書院づくりの応接室かな。
和室っていいね。
武家屋敷を後にしてすぐ先にある小泉八雲の旧宅へ。




IMG_8382
家は古く庭もいい雰囲気。
こういう家は外国人憧れるだろうね。



IMG_8389
掛け軸いいね。
八雲が松江にいたのは1年と3ヶ月だけだったらしいが
それでもたくさんのことを見たり感じてたようだ。

ツーリング後に思わず八雲の本を買ってしまった。




IMG_8401
俳句や詩を残したいが
感性も廃れる一方で何も思いうかばない。








気温も上がり、いよいよ疲れもピークにきた。
お土産を買い、短かった松江を後にする。
その土地のことは何回も行ったり、長く滞在したり
住んでみないと分からんですね。





IMG_8408
お侍さん発見!
さらば松江。

250TRidertatti4 at 22:59│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月04日

IMG_8301
夜が明ける松江の街。
GWに行った中国、四国方面のツーリングももう残り2日。
この辺りがヤマ場で後はひたすら帰るだけの予定。






IMG_8303
早朝の閑散とした町を走って松江城へ。
警備員もまだ準備中。
バイク用のスペースへ停車。





IMG_8305
城は散歩にうってつけ。
城をめぐってピクニックしたらいいかも。




IMG_8311
最近知ったけど
石垣とか梁は他の城のを使うこともあるらしい。
昔からもったいない精神はあったんすなあ。




IMG_8314
鉄砲用の狭間(ざま)。





IMG_8319
三つ葉葵発見。






IMG_8322
いい天気だで〜
入り口の櫓は後から付けたらしい。
立派だねえ。






IMG_8337
バイクが増えてきた。
開場時間までわずかだったけど、早くも疲れたから
場内はパス。外だけでも満足満足。


250TRidertatti4 at 11:35│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月17日

IMG_8279
大社前の通りは通行人も多く賑わっていた。
高台にありいい雰囲気。
とりあえずソフトクリームを食べる。





IMG_8282
なんかよさげな庭。
何の店だろう。





お土産を買おうと思ったけど
今風のお菓子とかばかりだったし
疲れていたこともあって買う気が失せた。


バイクへ戻り松江へ出発。
もう夕方で帰宅を急ぐ車が多い。

途中で給油ついでに空気圧も見てもらったら
結構前後とも低いですよと言われリアルに焦る。
そんなすぐに抜けたら明日からどーすんじゃい。





IMG_8287
宍道湖(しんじこ)の西側を走る。
しどうこっていう人多いと思います。
濁っているからしじみが美味しいらしい。




IMG_8290
美術館横で夕日を拝もう。
と思ったが、まだ6時頃だったから日もまだまだ起きているし
曇ってて見えねーや。




宿へ行き、夕食を食べにぶらぶらと歩いていると
何やら西の空からいい感じに夕日がさしている。
ちきしょう!とダッシュして美術館へ行こうとしたが
遠いからあきらめた。






IMG_8295
悔しいが、エフェクトしてもこれが限界。
宍道湖の夕日見たかったな。





IMG_8298
宿も街から遠く静かで寂しい。
今日は早く寝よう。

250TRidertatti4 at 22:59│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月05日

琴ヶ浜を出て出雲大社を目指す。
ユネスコの世界遺産になった石見(いわみ)銀山が
近くにあったけど

きっと人と車が大いに違いない。
それはうんざりなのでパス。


9号線をひたすら北上する。
どんな景色だったか思い出すことができない。
出雲へ行くのに夢中だったかな。


看板が出て近づいていくと意外に田舎で
それらしいのが見えない。
あの巨大な林の中にあったりして



などと想像しながら走っていくと坂道の参道があり
渋滞をすり抜けて左手の土の駐車場へ。
たくさんのバイクが停まっていた。




IMG_8260
噂に聞く出雲大社へようやく到着。
時は3時頃。まだまだ人が多い。







IMG_8261-001
参道が伸びている。
意外にもカップルが多い。
そいうえば縁結びだったっけ。





IMG_8263
大きな松の木が立ち並ぶ。
日本庭園と違って独特な雰囲気。





IMG_8265
さらに鳥居を過ぎると
拝殿が見えてきた。人多いね〜





IMG_8266
しめ縄がでかい。
色々と祈願する。




IMG_8271
木造の雰囲気のある建物。




IMG_8272
本殿には普段は入れないらしい。
中に見える大きいのが多分本殿かな。




IMG_8277
触るとご利益ありそうな牛。
その横には馬もいた。




中世や近世とは違った
古代の雰囲気だったねえ。

250TRidertatti4 at 23:41│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_8224
津和野を出てこの日は松江を目指す。
距離もそこまで長くないけど
色々寄ったら遅くなるかもしれない。





IMG_8226
9号線をとりあえず
日本海を目指して山々の中をかけていく。
津和野はいいとこだったな。



ホテルにあった外国人向けの観光パンフレットに
綺麗な棚田が載っていたけど
今の季節じゃちょっと早いかなと思いいつかへ先送り。
外人向けのパンフレットはいいとこついてる。



5年前のツーリングマップルは
新しい自動車専用道路が乗っていないから
オススメスポットとか快適なロードとか
広域での場所把握意外には使えない。
スマホがあるからルートはそっちのほうが信用できる。




IMG_8227
ゆうひパーク三隅で再見日本海。
今日も絶好の海見日和。




IMG_8228
GWのツーリングって最高だね。





IMG_8233
マシンも最高と云っておる。




自動車道を通って江津市(ごうつ)へ。






IMG_8236
さらに進むと風力発電用の風車が
豪快に砂浜に並んでいた。
地震で倒れたら怖いねえ。




IMG_8237
その右手には電車が・・・




途中、給油をして定食屋で昼食。







IMG_8242-001
温泉津と書いてゆのつは人が多いだろうなと思って
パスして海岸のほうへ。
今日は何度も電車が見れてラッキー。





IMG_8243
なんかよさげな海岸が見えてきた。







IMG_8246
琴ヶ浜という海岸へ到着。
到着するなり元市議だというおじさんが声をかけてくれて、
ここの「鳴き砂」の説明をしてくれた。





IMG_8251
確かにあるくとキュッキュっと音がする。
国の天然記念物の指定を受けるべく活動しているらしい。
立派ですなあ。

バイクにもなにやら詳しいみたいで
いい趣味していますよと褒めてくれた。
いい人だ。



IMG_8259
海岸を後にする。
次来るときは天然記念物になって
色々変わっているかもしれないねえ。

250TRidertatti4 at 00:55│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月26日

IMG_8193
3日目の朝。
この日も快晴。
朝食を済ませてバイクと徒歩で津和野の街を散歩。





IMG_8196
ほんとに小さな街。
小旅行にいいかも。
SLも走っているらしい。

人吉とか飫肥みたいな感じかな。




IMG_8199
森鴎外の遺書。
津和野の出身らしい。





IMG_8206
こういう家に住んでみたい。
この近くの酒蔵でお土産に日本酒を購入。





IMG_8209
やっぱ石州瓦いいね。





ガソリンスタンドで
太鼓谷稲成の場所を聞く。
津和野高校(通称:津高)を曲がるらしい。





IMG_8216
鳥居が並ぶ。
バイクで上まで上がったから上からの図。






IMG_8213
日本五大稲荷の一つらしい。
稲成と書くのも珍しい。






IMG_8220
朝早いのに観光客も多い。





IMG_8221
わおーん






IMG_8219
早くも暑くなってきた。





IMG_8223
津和野城跡へリフト&徒歩で
行きたかったけど、時間と体力を考えて止めた。
またいつか来よう。


稲成からの眺めもなかなか。
さらば津和野。

250TRidertatti4 at 23:56│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月21日

東光寺を出て目の前の萩焼を売っているお店へ。
お話好きのおばあちゃんが色々と話を聞かせてくれた。
茶道用としては一楽、二萩、三唐津だとか。
京都、萩、唐津の順らしい。


土産として萩焼の青い夫婦茶碗を購入し発送してもらう。
海をイメージさせる綺麗な色。
5年前くらいに窯元さんが焼くのに成功したんだとか。




これから津和野へ行くと行ったら
今からあんな遠くへと驚いていた。
現地の人からすると遠いんだな。


娘さんも加わり色々と親切にしてくれた。
お礼を言って萩を離れる。



IMG_8165
さらば萩市。今度は家族でゆっくり来ようぞ。




IMG_8169
10→11→13号線を駆け抜けていく。
石州瓦が美しい。初めて雪を見たときのようにテンション上がる。




IMG_8170
しばらく





IMG_8171
石州瓦と原風景が





IMG_8174
続いてゆく





IMG_8176
時間も忘れて





IMG_8179
バイクを停めては





IMG_8181
写真を撮る





IMG_8183
風景を感じるがままに。
これが俺流街道を行く




IMG_8187
道路もよか〜





IMG_8188
あっという間に盆地の津和野へ到着。
電車が停まったまま。




IMG_8192
ちょうど日も暮れかけていた。
バイクで小さな街を走るのは気持ちよかった。



この日はどこも宿が一杯で津和野の安宿へ来るしかなかった。
食事も開いている店が限られて普通に定食を食べた。
津和野名物のうずめ飯が食べたかった。


閉店前の源氏巻のお店で土産用を購入し発送してもらう。
お店の大将と女将さんは
地震のことを心配してくれたり、
宮崎といえばマンゴーとか東国原知事がという話で盛り上がった。

宮崎って知事の話以降特に何もないね。
女将さんが源氏焼の切れ端をくれる。
これが2日分の貴重なおやつとなった。
ありがたや。


ホテルへ帰って風呂入って就寝。
今日は疲れた。

250TRidertatti4 at 01:20│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加